「レンタルサーバーのロリポップ!がリブランディング」のブランドロゴニュースを紹介

レンタルサーバーのロリポップ!がリブランディング

2017-01-11

レンタルサーバーのロリポップ!が、ロゴマークやWebサイトなどのブランドをリニューアルしました。
先日、運営元であるGMOペパボが15周年を迎えると共に、ホームページを簡単に作成できる「ロリポップ!スタジオ」を提供開始したニュースもあり、全社的にブランドイメージの見直しを行っているように感じます。

プレスリリースによると、「すぐに使える、ずっと使える」を掲げたリニューアルのようです。

大学生の頃、どうしても自分のポートフォリオサイトを作ってみたくて、ムームードメインとロリポップのサーバーをレンタルしたのがもう五年以上昔の話と思うと感傷深いです。
当時あの強烈なロリポおじさんのビジュアルを見たときには、不安と期待で一杯だったことを覚えています。

昔は、もっとWebの世界がアングラだったから許容されていたブランドイメージも、誰でも簡単にWebサイトを作ることができる世界が実現したことで、時代にフィットさせる為に当然起こりえるブランドリニューアルだったのではないでしょうか。
個人的には愛着もあるし好きでしたが、以前のビジュアルは流石に強烈すぎると言っても誰も否定しないと思います。

家入一真さんが立ち上げたpaperboy&co.が、今のGMOペパボに変わったのが2014年の出来事であったことにも時代の流れを感じます。

肝心な新しいロゴマークは、ロリポおじさんの流れを継承してデザインされているそうです。
ロゴマークのカタチだけを見ても中々どこが何に当たるか判別が難しく感じますが、想いを込めることは大切ですね。

残念ながら、ユーザー用の管理画面はまだリニューアルされていませんが、そちらもリニューアルを予定しているそうなので、ユーザーとして楽しみに待ちたいと思います。

さくらインターネットも2016年末にブランドリニューアルしたばかりということもあり、時代の流れを感じるニュースでした。
今後の展開にも注目していきたいです。

Tags