「創業5周年のスクーがコーポレートロゴを一新」のブランドロゴニュースを紹介

創業5周年のスクーがコーポレートロゴを一新

2016-10-03

これまで「世の中から卒業を無くす」というビジョンで動画学習サービスを運営していたSchooが、ビジョン変更と創業5周年に伴いロゴをリニューアルしています。
新ビジョンは「インターネット学習で人類を変革する」を掲げています。ビジョンに掲げていた「卒業から、その先」を見据えた結論であるそうです。

旧ロゴの6色では「スクーを通じて様々な可能性を知る」を表現しているのに対し、新しいロゴでは矢印がSchooユーザーひとりひとりであり、それらが様々な方向を示しているということから、無限の可能性を持ち「自ら選択し能動的に学ぶことで人生が変わる」ということが表現されています。
また、今回のデザインは、日本デザインセンターの大黒デザイン研究室室長 大黒大悟氏が担当しているそうです。

旧ロゴのカラフルな印象を、ここまで単色にまとめた点については、今回のリニューアルへの覚悟のようなものを感じます。

シンボルマークについては、矢尻とその回転のみで構成されおり、要素は減っていますが、より細かい表現になっている為、ウェブサイト上では矢尻の認識が難しくなっているのが残念です。
しかし、昨今のIT系サービスや企業ロゴのリニューアルに於いて、デジタル化や小さいエリアでの表示を意識したミニマム表現を進める傾向が強くある中でのこのデザインを選択したことについては、チャレンジングな試みに感じます。

関連リンク

Tags