「顧客関係管理ツールのZendeskがブランドリニューアル」のブランドロゴニュースを紹介

顧客関係管理ツールのZendeskがブランドリニューアル

2016-11-03

顧客関係管理ツールのZendeskが、ロゴをはじめ、ダッシュボードやウェブサイトなど全てのデザインをリニューアルしました。

Zendeskといえば、禅からイメージされたであろう、ヘッドセットをした仏様のキャラクターと、蓮の花でかたどられた緑のマークを初めて見たときは、強烈なインパクトを感じたことを覚えています。

そんなZendeskですが、ブランドリニューアルのコンセプトとしては「より良い顧客関係のために構築」を掲げてリブランディングを行っており、これまでの緑もハートも蓮も仏様も全て捨て、完全に新しい要素のみでデザインされています。

シンボルマークには、積み木のようなカタチをベースにイニシャルの「Z」が採用され、そこから派生して、各サービス領域にもロゴマークが定義されています。
マークだけでは何を示しているのかを判断できそうにないものが多いですが、新しいブランド展開の一貫性は保たれているように感じます。

カラーは、以前の明るめの黄緑から、落ち着いた印象の紺へと変更されています。
ロゴだけみると紺一色ですが、上記でも紹介した各サービス展開はカラフルに構成されている為、ウェブサイトなどから感じる全体の印象は丁度よい塩梅なのではないでしょうか。

「積み木」と「カラフル」は、子供っぽさが強調されすぎるようにも感じますが、以前の仏様の印象から比べると、コンセプトである「より良い顧客関係のために構築」に近づいたように感じます。
インハウスのデザインチームでリブランディングを行っており、動きも早そうなので、今後の展開にも注目していきたいです。

関連リンク

ブランドアセットページ
zendeskブログ

Tags